自分が、商品に対して実際に払う金額に見合った、またはそれ以上の性能や価値をその商品が持っているか、という対比のことです。コスパとも略されることが多いですね。価格に対して商品の質が高いと『コスパが高い』、『コスパが良い』と言い、逆に価格に対して商品の質が粗悪であると『コスパが低い』、『コスパが悪い』と表現します。

このコストパフォーマンスは、ショッピングでは大変重要は役割を担っています。商品の単価が高くなればなるほどその役割や存在は大きくなり、だからといって単価が低くてもその重要性はあまり変わりません。また、コストパフォーマンスは『やりくり』を上手にこなすためにも見極める必要があります。

まず、単価が低いものを例に挙げてみましょう。例えば、購入するものがボールペンだとします。それを実際に使ってみた時、書きにくかったりペン先がすぐに潰れてしまったり、または新品なのにインクの出が悪かったりすると、たとえ払ったお金が数百円でも損した気分になりますよね。また、『二度とこのボールペンは使いたくない』と思うこともしばしばあるかもしれません。

このような場合は、ほとんど返品は受け付けてくれません。CD等と同様、開封後の使用については返品を断る文章が書かれている場合が多いからです。なぜそのような措置を取るのか。それは、売り場に『試し書き用メモ帳』があるからです。店側はこれを理由にして、返品を受け付けない場合があります。逆に言えば、試し書き用のメモ帳がないお店は返品を受け付けてくれる場合もありますし、それ以前に試用できないお店では購入しないという対策もあります。

しかし、袋入りで販売されているボールペンなどは試し書きなどそう簡単にはできません。結局商品によるということですが、やはり買ってみて、使ってみて、使い物にならなければ損した気分をするというのは変わりませんよね。

次に、単価が大きいものを例に挙げてみましょう。ここでは冷蔵庫を例に挙げます。

冷蔵庫といえば安くても数十万はする代物。決して手の出しやすい商品とは言えません。そんな冷蔵庫の強みのひとつは容量です。冷蔵庫の中にどれだけたくさんの食品をよりコンパクトに収納できるかというのが、冷蔵庫選びの鍵になりますよね。

実際に目で見て、収納スペースの確認もして、購入に踏み切ります。しかし実際に使ってみると、冷えが足りなかったようで食品がkすぐ腐ってしまう。このようなことは、無いようで実は結構あるのです。そのほとんどが冷蔵庫の内部損傷が原因です。

こういった電化製品の場合、購入の際に保証書というものが付いてきます。購入後しばらくの間は、故障してもメーカーが無償で修理してくれるというものです。一見するとメーカー側の善意に見えるかもしれませんが、『修理に出している間の代機はどうすrのか』ということを考えたとき、考えに行き詰まりが生じてしまいます。代替品のききづらい電化製品では、保証書の効力もあまり意味がないのです。

となると、やはり購入したばかりの新品がその価値に見合わぬ働きをした時に損した気分になるというのは、単価が低くても高くても変わりません。かつ、コストパフォーマンスは使ってみて初めて分かることが多いですから、対策のためにはやはり前もってその商品について調べておく必要がありますね。

1.ライフプラスのサプリメント
アレルギー用サプリが充実!安全第一、自然派サプリの通信販売。

2.株式会社ムツコ
女性の美と健康ををサポートする健康食品がそろっています。

3.エピナード|売れてる!家庭用脱毛器口コミ人気ランキング
気になる家庭用脱毛器の使用感をしっかりチェックできます!

4.yogibo(ヨギボー)を通販や販売店で購入!タイプ別おすすめ比較
人をダメにする(笑)と話題のソファーの公式サイト。

5.楽天オークション初心者ナビ
ネットオークション初心者を親切丁寧にサポートしてくれます。

6.アメリカ製サプリメント専門店【サプリンクス本店】
サプリの本場アメリカで好評のサプリメントが充実しています。